無料ブログはココログ

☆最高のリンク集☆

  • My Dear Life
    高校の時のおともだち。情報を頂いています。写真のセンスはなかなか。綺麗な写真が沢山あります。いつのまにやら鉄道ものが主流に。
  • ⇒【極限の気動車181系 衝撃のターボサウンド】
    さ、さ、最高のキハ181系のHPです。管理人のやくもターボさんによる科学的解説は驚愕の感動をあなたに。私の拙い記録も「SS氏」として採用いただいています。って宣伝です。それにしても、隅から隅まで、掲示板まですごい!!。是非、スピーカもFULLボリュームで!!。わかりますよね!!。
  • 天気は明日も望あり
     鉄道、飛行機、自転車好きの多趣味人。猫専門の本館も。

« 1975.3.7 1102レ 急行「桜島・高千穂」 スハフ43 334 | トップページ | 1972.8.22 阪急 桂 2800系特急 »

2009年7月18日 (土)

1970.11.8 1M 特急「はつかり5号」上野駅発車 583系

583_1m_2 先日もまた、東海道本線に583系交直両用寝台特急形電車が入りました。
たまたま追いついた583系の後ろ姿を横浜駅で見たら、思わず落涙しそうになりました。
あの、クリーム1号と青15号の色、そして、郡山工場で丹精込めて作った「本物そっくり」の凸凹のない前面貫通?扉。
ホームの端から少し遠目に見たら、なんだか現役時代の「はつかり」を思い起こしてしまったからです。
その日は、うす曇だったので特に塗装が映え上野~青森を、最高速度120km/h(以上)で駆け抜けていたあの頃の肌の色つやに見えたからです。
青森までは、あの有名な、一県一駅停車(当然埼玉県は除きます)1M「はつかり」で、走りに走って8時間15分。
しかも、首都圏での遅れは(誰もみていないところで)ひたすら取り戻してです。
線路が悪くなった1970年台の終わり頃には比較的車体の軽かった485系などは、完全に上下、左右のゆれに台車がボトムしていてガツンとくる恐怖の走りもありました。しかし、583系は車体の重めなせいでしょうか、速度が上がるにつれ逆に安定したような走行になっていました。かつて、電化前の経験を持つ名古屋の機関士さんから、蒸気機関車は最高速度をオーバーをして走ったときには逆に静かになる、と伺ったことがあります。
しかし、こんなこともありました。
1M「はつかり5号」に夏の終わりに乗った時のことです。いつもの楽しみで、編成中程の7号車の食堂車に大宮を通過した頃に入りました。もちろん、貧乏なぼくはチキンライスです。
車内は3割程の入りでした。いつものように北関東の平野に飛び出した1Mは、ひたすらノッチを入れ最高速度近くで走行しています。結構横揺れがでています。チキンライスが出るまでの間、ふと横の席を見ると小さな姉弟がいました。
親らしき人はいません。上のお姉さんは小学校2年生くらい。弟は幼稚園の年中さんくらいです。僕よりも先に、お姉さんにはアイスクリーム。弟くんにはサイダーが運ばれてきました。お姉さんは椅子に座れますが、弟くんは届かないので、靴を脱いで椅子の上に上がって上手にサイダーをコップに注ぎました。そして、コップを両の手で持って口に近づけ、いま、正に飲まんとした、その瞬間!。ドン、と横揺れがありました。弟くんは、そのポーズのまま、椅子ごと通路側に倒れました。まるでスローモーションを見ているようで、本当に、コップを手に持った姿勢のままで椅子とともに倒れたのです。また、お姉さんも何が起こったのかわからず、いきなり弟の姿が無くなったのできょとんとしていました。すぐにぼくも助けようとしましたが、ウエイトレスのお姉さんの方が先でした。弟くんはその瞬間に大声で泣き始めました。かわいそうに、急に倒れてびっくりしたし、痛かったろうと思っていたら、泣きながら
弟くんが言っていたのは、「サイダーをごぼじぢゃっだぁ~」でした。お姉さんは「ちゃんとしてないからだよ」ときびしいことを言っています。でもウエイトレスのお姉さんが、サイダーをもう一度もってきて弟くんのコップに注いでくれました。
めでたしめでたしでした。
結論的に言えば、食堂車というものは大人でも出されたばかりのコーヒーを普通の感覚で飲もうとすると火傷するものなのです。
揺れるのです。だから、暖かい飲み物は「すすり」ながら飲まないとだめです。口の中に入る前に微妙に冷まさないと。
ああ、食堂車に乗りたい!!

先日の写真です。カラーはむつかしいです。

583_2

« 1975.3.7 1102レ 急行「桜島・高千穂」 スハフ43 334 | トップページ | 1972.8.22 阪急 桂 2800系特急 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1975.3.7 1102レ 急行「桜島・高千穂」 スハフ43 334 | トップページ | 1972.8.22 阪急 桂 2800系特急 »